家を買うために親から多額の借金

家を購入した時に、親からお金を借りました。

最初は、自分たちの力だけで、家を買おうと思いました。

でも、たまたま売りに出ていた建売住宅が、理想的なロケーションにあって、これを逃したら、一生憧れの町に住むチャンスはないだろうな思い、どうしてもその家を買いたいということを両親に伝えました。

家を購入する段階で、建売住宅を買うための頭金が足りませんでした。

そこで、配偶者の両親が、家のローンの金額が少しでも少なくなるように援助をすると言ってくれたので、私の両親も相手の両親に合わせて、お金を貸してくれることになりました。

銀行からお金を借りたら、すごい利子になってしまうので、利子がつかない親からの借金ということで、本当に助かるなと思いました。

結局、両方の親から、約2000万円の借金をしました。

家の値段は5000万円で、500万円の貯金と、2000万円の親からのお金を使い、2500万円のローンになりました。2500万円の銀行からの住宅ローンは、15年をかけて払う予定です。

親からの借金は、ボーナスやアルバイト代で、徐々に払っていくことにしました。すごい金額の借金になってしまいましたが、何とか全額払えるのではないかなと思っています。

Posted in お金を借りた | コメントは受け付けていません。

クレジットカードの支払いが想定以上だったためにお金を借りました

私はクレジットカードをショッピングに利用した後で、1回払いからリボ払いなど複数回の支払いに変更できるオンライン会員サービスをよく使っています。
期日までに変更を行なえば、クレジットカードの引き落とし額をある程度コントロールできるので便利なサービスです。
しかし、うっかり1回払いからの変更を忘れていたためにクレジットカードの支払額が想定以上に多くなってしまい、困ってしまったことがあります。
事前にそのことに気付いていれば、食費などを節約するなど色々対応のしようもあったと思うのですが、銀行口座に記帳した際に多額の引き落としに気付いたために、対応が間に合わない状況に陥りました。
当時はお金を定期預金という形で貯めており、自由に使える現金の量が少なかったのでなんとかお金を用意しなければならなかったのです。
家賃や新聞代、水道・電気・ガスといった公共料金の支払いなども迫っており、現金が足りない状況でしたので、クレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を借り、急場をしのぎました。
キャッシング自体はコンビニエンスストアのATMで簡単な操作をするだけで済みました。
利息やATMの手数料はかかってしまいましたが、定期預金を解約したり、CDやDVDを中古店に売るという方法よりはトータルで見たコストは安かったと考えています。

Posted in お金を借りた | コメントは受け付けていません。